アクエリアス

アクセスカウンタ

zoom RSS 霊的ルネッサンス

<<   作成日時 : 2015/04/18 07:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

二十一世紀は精神文明の序章である

人類一人一人が自らの神性を立証し

明らかにする兆しである

そしてこれからすべての人類が直面するであろう

霊的な問題に 大いなる光明が射し込み

宇宙子科学はいよいよ全人類の前に徐々に明らかに

されてゆくであろう

宇宙神より降下した神秘的で創造的で普遍的な宇宙子科学

これはまさに 二十一世紀の新しき霊文明の時代にこそ

まことに相応しき超科学である

これにより 霊的な世界が科学的に説き明かされてゆくのである

今まで霊文明が厳然と封印されつづけていたのは 人類の意識が

余りにも低かったからである

だがこれからは 人類一人一人に内在せる神性が 無意識のうちに

意識上に突き上げられ 燃え上がってくるのである

そして新しい思考方法に自ずと次元上昇してゆくのである

ここに至った背後には 常に深い愛 厚い慈悲心により

我々神人たちを導き見守ってこられた五井先生の存在がある

それこそがすべてのすべてである

何世紀にもわたって我々一人一人の前に立ちはだかってきた

大きな壁 前生の因縁のカルマを 身をもって受け 浄化させ

ご自分の肉体と共に光へと昇華させてくださった五井先生の

恩恵があってこそ 神人は存在しているのである


我々神人一人一人は 人類の未来に輝かしい希望を打ち立て

人類一人一人の将来を保証し そして一人一人の神性を輝かせ

光明に満ちあふれさせる  その天命を担うのである

それこそが今生に誕生した真の喜びであると同時に

我々の誇りそのものである……

神人と称される人たちは 人類を代表してもうすでに神意識に

目覚めた方々といえるのである

即ち究極の真理 「我即神也」 「人類即神也」 に目覚め

かつまた今生にて神そのものを限りなく顕現させるために

世界平和の祈りを祈り 印を組み さらに究極の真理の行為である

「呼吸法による人類即神也」 を組むという境地にまで

至った方々なのである……


神意識とは 「我即神也」 そのものから来る無限なる叡智 直観

能力 可能性 治癒力などが発揮された状態であり そうなると

いかなることも他に頼らず 自らの神性の力で乗り越えることが

出来るようになるのである

それを人間の視点からみれば 即ち過去ー現在ー未来を見事に

完璧に貫き通している神意識の働きで 何事もクリアーできる

ということである……


五井先生との深い神縁を頂いたということは 当時は私たちは

未だ自らの霊性が開かれておらず 先生の真の偉大さが真には

分かっていなかったので それほど気づかずにいました 

だが 現在はいかにすごいことであったかを当人たちはみな

自覚しておられるのである

そして彼らはついに神人と化したのである

まず自らの神性に目覚め 自立し さらに人類一人一人の中にも

神性を認め 地球人類の指導的立場へと磨き高め上げられて

いったのである

五井先生の無限なる愛 赦し 真理に導かれ 遅々とではあるが

次元上昇し 現在に至っているのである

この私たちが人類に先駆けてのお手本なのである

これから私たちのような神人が次から次へと育ってゆくのである

神人といえども完全に神意識に目覚めているとは未だ言い切れないが

進化の目標は達成されつつあるのである


今 この呼吸法の印を一般に伝授できるということは

これを受ける人々が神性に目覚めてきている証である


なぜならば 彼らもまた神人たちのように 

自分に生じるいかなる現象も 外からもたらされるものではなく

すべて自らがつくり出しているものである≠ニいう真理を理解し

その真理に基づき 自らの誤った想念の在り方を「消えてゆく姿

で世界平和の祈り」の中に投げ入れ 根本から変えてゆく

ようになるからである

そしてさらには自らの内に厳然と存在している

神性に目覚めるのである

この神性を目覚めさせるために 

我々は日々世界平和の祈り 印 呼吸法

などの神事をなしつづけているのである



      2006年 8月 白光 ご法話 より 抜粋


      

    こころ      
       
                    
こころよ  こころよ  どこにゐる

まことのこころよ    どこにゐる

探し求めて  幾転生


私はこころの在り場所を

はじめて  しっかり識りました


こころは天にありました

いのちの中にありました

光の中にありました

私の中にありました


こころは私でありました

こころはいのちでありました

こころは光でありました


人と人とをまんまろく

天と地(つち)とをまつすぐに

つなぐ光の波でした


     五井昌久    (『ひゞき』) 所収

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
霊的ルネッサンス アクエリアス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる