アクエリアス

アクセスカウンタ

zoom RSS 地球人類としての責任

<<   作成日時 : 2015/03/21 07:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

二十一世紀 いよいよ人類全体が進化創造を果たす時に突入した

今世紀 人類一人一人が遭遇するであろう進化創造とは

新たに生まれ変わって進化を遂げた人類が次々と今生に誕生する

場合と 現在生きている我々自身が進化創造を果たしてゆく場合とである



宇宙神の大計画のもと 宇宙も 地球も 人類も そして生きとし生けるもの

すべて一切が 壮大なプログラムによって進化創造しつづけてゆくのである

人類の意識が未だ低次元レベルにあった時 人類一人一人は

世界平和や調和や進化創造よりも まず率先して自己の自由と

権利を主張することに必死であった

だが本来ならば いついかなる時 状況 場合においても

我々はお互いの生命を尊重し 大切に扱う義務があるのである

人間がいかなる自由と権利を獲得しょうが そこに個の責任を

負わない自由や権利は存在せず 却って自由そのものを滅する

結果になる  人類一人一人が自由と権利 そして個の責任を

等しく認め合うことによってこそ 初めて輝かしい世界が築き

上げられてゆくのである……。


自己責任のない 自己抑制のない 自己規律のない

無制限なる自由は 自らを滅ぼし 家族を滅ぼし 

ついには国をも滅ぼしてゆくのである

ゆえに人類一人一人は 自らの権利を主張するならば

他の権利をも尊重しなければならないし 自らの思想や宗教を

主張するならば 他の思想や宗教の自由をも尊重する義務が

あるのである

そして 地球と そこから受ける大自然の恵みについても

我々は独占するのではなく 分かち合う精神を持たなければならない

これらのことを人間として最低限守らなければ 必ずそこに紛争や不和

差別 不平等が生じ 終わりなき戦いへと発展してゆくのである……。


自分の自由 自分の権利ばかりを主張する生き方は

二十一世紀には全く通用しなくなる

二十一世紀においては 地球上における様々な問題はすべて

究極の真理に基づいて解決されてゆく

それらは単なる理念 価値観 規範だけで到達できる解決策では決してない

その奥の 人類一人一人の魂に深く永遠に刻み込まれている

「我即神也」 「人類即神也」 の究極の真理を一人一人が

顕現してゆくのである

それこそ 二十一世紀の進化創造の世界である……。


宇宙に存在するあらゆるものは 分割不可能なる全体である

宇宙を 地球を 世界を断片に分けるという考え方は間違っているのである

光りも闇も 善も悪も 健康も病気も 幸も不幸も全く二つに分断されている

のではなく 一つに連なって円循環しているのである

闇も悪も病気も不幸も 不可能に見えることも  それは限りなく

限りなく もっともっと限りなく究極の真理から遠のくことにより

現われてくる現象である

もとは全く一つなのである

ゆえに究極の真理に限りなく近づき もっともっとより近く限りなく深く

近づいてゆくにつれ 闇も悪も病気も不幸も全く消え失せ ついには

光りや善や健康や幸福に照らされ 本来の姿 「我即神也」「人類即神也」

が蘇ってくるのである


     2008年 白光 3月 ご法話 より 抜粋





二十一世紀は進化創造の時代である

自らが自らを進化させ 自らの人生を輝かしいものへと創造して

ゆく時代である  これは人類一人一人全員に課せられている

課題である

そのためにも 人類一人一人の想念や意識がいかに大切であるかに

思いを致さなければならないのである……。

重要なのは 絶対なる真理そのものであり 自らを信ずることこそが

尊いのである……。

我々は本来 神なのである  神そのものなのである

そして我々は本来 意識なのである  意識そのものなのである

決して物質体ではない 個体でもない 

神と人間とを離つ境目や境界線はないのである

皆無なのだ

ゆえに 人間の心によって いかなることも可能になってしまう

のである  それほどの力 エネルギーを我々は保持している

のである……。

真理はいかなる未来も変容させることが出来るし

より善なる方へ より生命輝かなほうへ より調和したしたほうへ

平和なほうへと創造してゆくことが可能なのである

そのリーダーのリーダーが 神人及び神人予備群なのである


世界人類が平和でありますように

我即神也

人類即神也














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地球人類としての責任 アクエリアス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる