アクエリアス

アクセスカウンタ

zoom RSS 平和と戦争

<<   作成日時 : 2015/02/14 20:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

戦争というものがどんなに恐ろしいものであるか ということは

今日までの人類の誰もが知っていることなのでありますが

それでいて 人類の歴史は戦争の繰り返しであるのは

実に不思議なことです  全く人類の業というものを

しみじみと思われます……。

今日までの各国の政治の誤りは 地球人類を一つの生命の

現われとは考えずに 国家や集団に属したもののように

考えていることなのです

どこの国の人間であろうと 人間はすべて大生命の分生命(わけいのち)

であって 神(大生命)に属するものです

一国や一集団に属したものではありません

だが その個人個人がその天命を完うされる場として

その国家やその集団が適当と神々が思われて

置かれているのであって 本質的には 人間は神 

(大生命)に属しているのです

人間は生命において根源を一つに結ばれているもので

自分の国だけが大事で 自分の国が立てば 他国はつぶれてもよい

というようなものでないのですが 現状ではどうしても 自国を守るに

汲々としていまして 他国と自国との利害を平均して考えるような

国家はまだ現われてはおりません……。


どこの国の指導者でも 今のままの各国の政治政策で真実の平和が

到来するなどと思っている人はないでしょう

その場 その時における利益の獲得だけに全力を打ち込んで

いるようなのです

後々のことはお互いが全く五里霧中で 業想念波動にひきずり

廻わされて動いているだけにすぎないのです

世界各国の指導者の根本理念が 神のみ心である世界平和に

反しているからなのであります

世界平和に反した想いで 世界平和をつくりあげようとしても

それは土台無理なことです

世界平和を念願するからには あらゆる他の想念を捨てて

世界平和一念の心にならなければなりません

それは想念波動の原理で 科学的な原理なのです

第4チャンネルをひねっていて 第1チャンネルの映像が

うっつてこないのと同じで 世界平和なら世界平和という想念を

それのみの想念をハッキリ心に映じつづけていなければ

その画面は わけのわからぬものになってしまいます

そこで私は 瞬時の間でも 例えば歩いていても 電車の中でも

常々どこででも世界人類の平和を願う 平和の祈りをしていなさい

と 人々に教えているのであります

人間の心には いつでも雑念が浮かんでいます……

何かしら想っています

想念というものは どんな些細なことでも 

自己の運命に影響してゆくものです

ですから あらゆる想念を 世界平和一念に統一してしまったら

その人はそのまま平和の使徒でもあるし 自己の心もいつの間にか

平和な心境になってしまいます……


宇宙は広大無辺です

この広大無辺な宇宙は 永遠の生命の限りない歩みを

現わしているのであります

地球人類も その歩みの一つなのです

永遠の生命の その法則に外れた生き方をしていては

必然的に滅びの道に至ります

この地球という一つの星は やがて 宇宙にある他の星々と

交流し合い そこに生存する生物と交流することなのです

それは夢物語ではなく やがて事実として現われることなのです

そういう時が近づいているのに 地球の指導者たちが

単に自己の権力を保持しょうとして 常に戦争の恐怖を 

宇宙にまき散らしているということは 真理を知らぬ

白痴的な生き方なのであります

今こそあらゆる戦争を否定する政策を各国がとらねばなりません

特に大国は戦争否定の政策に踏み切る必要があるのです

それにはまず国内の世論を切実に平和を願う世論に統一

しなければならないのです

世論の中に 自国の権威を守るためには戦争も辞せぬ

というものがあれば どうしても そうした威勢のよい言葉のほうに

人々はひきずってゆかれます……

人間の想いの中には プライドがありまして この自尊心を

傷つけられるなら 死んだ方がましだ という気持ちがありますので

ここがなかなかむずかしいところなのです……


ここで大切なのは日本の立場なのです

核兵器の恐ろしさを身をもって体験した日本こそ

完全平和達成の旗印のもとに国民の心を総結集しないで

他のなんの方法があろうというのでしょう

核爆弾の悲惨な洗礼を受けたのは日本が唯一の国です

何故日本だけが唯一の原爆洗礼国となったのか

それはいうまでもなく 日本の天命を日本人にはっきり示すが

ための神のみ心でなくてなんでありましょう

日本はあくまでも 大調和達成の中心国であり

世界平和樹立の指導国でなければなりません

嫌でも応でも 日本はそうした天命を持っているのであります

こんな悲惨なこんな悪魔的な武器を 絶対に人類に使わせては

いけない という神の慈愛のみ心を いやという程日本人の心に

沁みこませるためであったのです

日本こそ 日本人こそ 真に完全平和を望み 世界平和の為に

如何なる武力の威嚇も 武力の誘惑にも把われず

真っしぐらに 天命の道を突き進んでゆかねば

日本も世界も滅亡の淵に追いやられてしまうのであります……

  
        
五井先生 ご講話 より 抜粋





世界平和の大悲願こそ 日本人すべての大目的なのであります

完全平和達成に向かって 日本国民の一大結集こそ世界の運命を

神のみ心にしっかりつなぎ得る大光明の道なのです

そのために 一人一人の世界平和の祈りが実に大事なことに

なってくるのであります


世界平和の祈りと 平和・調和の科学(宇宙子科学) 

この二つの道こそ 世界を真に救い得る道なのであります


世界人類が平和でありますように












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平和と戦争 アクエリアス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる