アクエリアス

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分というもの 

<<   作成日時 : 2015/02/08 07:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

人間は 神の分生命(わけいのち)として実在しているもので

肉体人間としてこの地球界に現われているのは 

物質の地球世界に対応して生活するために 

生命の本体が肉体人間のような形で現われていて 

神のみ心をこの世界にも現わしてゆこうとしているのです

肉体人間は 実在というより 実在である生命の働き場所として

地球界に物質的姿を現わしているにすぎないのです

ですから 肉体人間としての現われは ある時間経過を経ますと 

人間の本体の生命がその肉体を脱け出て 肉体の死ということになるのです

この肉体身の死は 肉体の死であっても人間の本体の死ではありません

本体の生命の働きが 肉体への働きを終えて違う次元の働きに重点を移して

いったにすぎないので その人は永遠に生き続けているのであります


人類は神の子として常にみ親である神の生命の働きを種々様々の場において

見ているのであり 利用させて頂いているのであります

人類は正に神の子でありまして 他の何者でもないのです

しかし この人類というのは地球人類のみではなく 宇宙のあらゆる星々に

生活しているのであることも知らねばなりません……


人間は うまずたゆまず 神の子であることを信じて いくら業生の波が

ふりかかってきても それはすべて 闇の消えてゆく姿として 突き進んで

ゆけばよいのです

仏教では 業のはじまりを無明といいますが 確かに明かりのないところに

業が生まれているのであります

キリスト教のほうでは 肉体人間として生まれた時から 原罪を持っている

といわれていますが 皆 等しいことです

…… たびたび申しておりますように  この宇宙は進化につぐ進化を続けて

おりまして 人類もこの宇宙の進化におくれているわけにはまいりません

好むと好まざるとにかかわらず 現在より進化してゆかなければ

この地球人類は滅びてしまうより仕方がないのです

今日からの地球人類の進化の第一は 人間はこの肉体ではないということです

肉体は単なる人間の器であり 場であって 人間そのものではない

ということを知ることです

人間の本質は 宇宙神の分生命であって その生命の働きが

宇宙運行の大きな場をしめているのであります

現在 肉体人間として地球に存在しているのは 地球という物質世界を

人間も肉体をまとって 物質体として 地球と同化し 共に更に微妙な

波動体にさせてゆくことが 進化の大眼目となるのであります



人間は常に 肉体人間になる以前の微妙な体をもっていた神霊の

自分を思い起こしているとよいのですが なかなか そういうわけには

ゆきませんので 守護の神霊への感謝と共に 世界平和の祈りを

していることが大事なのです……。

神のみ心の自由自在性を 肉体という物質体に包んでしまって

物質世界の遅鈍な動きの波動に合わせて働かねばならぬので

いつの間にか 自らの本質も遅鈍な動きとなってしまっていますので

神霊の世界で神のみ心の自由自在に近い働きをしていた頃に

一度戻らねば 神のみ心をこの地球界にはっきり現わすわけには

ゆかなくなってしまったのです

この地球界に 真の世界平和をつくりだすためには 

絶対に神霊の援助がいるのです……


再三 申しておりますように 地球は単なる地球ではなく

大宇宙の一員としての地球なのです

やがて 神々の姿が皆さんの五感に感じられる時がくるでしょう


       五井先生  ご講話 より 抜粋


世界人類が平和でありますように



        こんな人こそ

人の幸福(しあわせ)を自分のことのように喜び

人の悲しみを自分の悲しみのように悲しむ

それでいてその喜びに把われる想いをもたず

その悲しみに沈みこむ愚さもない

自分のしたどんな善いことにも

他人のしたどんな悪いことにも

いつまでも想いがとどまらずに

何でも可でも神様が善いようにして下さると信じきっている

それでいながら

善い事柄ならどんな小さなことでもおろそかにせず

少しの悪い行為をも即座に消し去ろうと努める

心はいつでも青空のように澄んでいて

体中から温かいほほえみが一杯溢ふれている

その心にはいささかの誇る想いもなければ人をさげすむ想いも無い

ただ心の奥底から湧きあがってくる世界平和の祈りの中で

生命(いのち)生き生きと生きている

そんな人々が世界中から沢山育ぐくまれてくることを

私は

平和の祈りをしつづけながら願っている

           

           詩集 純白 より


































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分というもの  アクエリアス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる