アクエリアス

アクセスカウンタ

zoom RSS 人生の旅路……(真理を思い出す旅)

<<   作成日時 : 2014/11/01 21:07   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

光明思想とは 真理そのものの光輝く想念である

大いなる希望 目的 天命 無限なる繁栄 幸せ

叡智 直観 喜び 至福 成功 平安……といった

魂からほとばしる歓喜の想念である

光明思想を実践する人々は 我即神也 人類即神也という

本質を理解しているため その偉力は 相手に対しても

自分に対しても 平等に発揮されてゆく

人類は 常に進化創造しつづける生きものなのである

いかなる状況にあろうと 自らをよりよきほうへ

より真理のほうへ より善なるほうへと創造してゆくことは

絶対に可能なのである

なぜならば 今ある否定的な状況は 過去の自分の誤った

選択によってもたらされた状況であり 否定的感情想念ばかりが

湧いてしまうのも 過去の因縁によるものだからである……


今ある世界の様相は 人類の心の投影であり 世界はいかなる時も

人類の願望 欲望 思考の受け皿として 人類が欲するものを

具現化しつづけてきたのである 

人類は もはや自分たちの原点を忘れ果ててしまった

これまでに自分が何を為してきたかなど 全く知る由もない

幾多の転生を通して 何が完結し 何が未完成かを知る由もない

今生に誕生し そして死を迎えるたびに すべてを忘れ去ってしまう

人類はみな 誤った思い込みの中に生きているのである……


人類のゴールとは 究極の真理を思い起こすこと 

それのみなのである 真の自分を見出し 

取り戻すことのみにあるのである

かって人類一人一人はみな 神そのものであったのだ

人生とは 「人類即神也」を改めて見出し 再発見してゆく旅なのだ

それこそが今生に生きる 目的である

究極の自分は 国にも人種にも民族にも宗教にも 

どこにも属してはいない 個の自分だ 神なる自分だ 

我即神也なのだ……


宇宙の法則は 人類すべての前に あまねく真理を示してくれている

しかし その真理を自分のものにするか否かは あくまでも人類

一人一人の責任である  誰もあなたを助けてはくれない

誰もあなたを導いてはくれない 誰もあなたの道連れになってはくれない

誰もが内なる自分と向き合い 自らの本心に出会う以外にない

自らの手で 究極の真理を摑む以外にないのである

それが出来た時 人類は輪廻転生から解放されるのである

そして 宇宙神と全く一つに 結ばれてゆくのである


                    2004年 12月  白光


人類のゴールは 「人類即神也」そのものであり

何生 何百生 何千生 何万生 かかろうが 

人類はみな 内なる神を探し求める旅人なのである

また 人類はみな それぞれがゴールに向かって

進んでいるのであるから 現時点だけを見て 

他の人の生き方に 批判 非難 評価は下せない

すべてが「人類即神也」 のゴールに到達するための

プロセスだからである

かつまた それぞれの内なる神に向かって歩んでいるのであるから

人の物真似をしてもうまくゆくはずがないのである

人の真似をしたくなってしまうのは 自分が今 人生のどの段階を

歩んでいるかが判らないからである

もしかすると 自分の方が ずっとゴールに近いかもしれないのである

にもかかわらず ゴールが未だ遠くにある人の生き方や考え方を

真似ようとするのは ナンセンスである……

その点 すでに最も高きレベルにある神人たちは もう決して

横を見ることなく 毅然として前のみを見つめ 我が道を堂々と

確信を持って歩んでいる人がほとんどである

未だ低きレベルを歩んでいる人にとっては 失うものが何もないため

高きレベルの人の真似をしても 却って学ぶこと多かりき である

自分よりも善き人 正しき人 崇高なる人を手本にすることは

その良いところを学ぶチャンスなのである

ところが 低きレベルの人ほど 自分のすぐ側に 神性に目覚めた

人が存在していても 一向に気づかないものである

それがこの世の常である……


人類が真理に目覚めるまで 何生にもわたって待ちつづける

わけにはゆかないのである  その間も 人類は滅亡への道を

辿りつつあるからである

そういうギリギリの状況に至ってしまっているのである

真理に目覚める段階に達している人々は未だ少ないが

それでも天は限りなく 地上に十万人の神人が誕生する日を

待ち望んでおられるのだ

人類をこのまま放っておいたら いつまで経っても誰も目覚めはしない

目覚めそうな者から起こさなければ 誰も起きはしない

まさに天は すでに目覚める時に至っている一パーセント以下の人たちの 

目覚めを促し始めたのだ

その天のご計画の一翼を担っているのが  現在 人類に先駆けて

神人となっている人々なのである

究極の真理 「我即神也」 について即 理解できるということは

ごくごく稀なケースであり 崇高な魂の証なのである

          
        我即神也  人類即神也




古来より 地球には究極の真理の道が存在していた

しかし 地上に五井先生が現われ 初めて人類に

真の救いの手が差し伸べられた

それが 消えてゆく姿で世界平和の祈り≠ニいう

永遠なる真理の道である……


現在に至るまで 人類は真理を求め求め求めつづけてきた

だが 真理は時代の流れに巻き込まれ 苦しみ喘ぐように

激しく移り変わっていった……


二十一世紀 世界平和は人類一人一人の手によって

創り上げられてゆく 人類すべてに 世界を平和にする

義務と責任が課せられているのである

いつまでたっても子供のように 自分の要求 自分の欲望

自分の快楽 自分の自由 自分の贅沢のみを主張しつづけて

生きる時代は終わったのである

人類一人一人の心の中に平和を築かなければ

地上に真の平和は訪れることはないからである……


だが 遂に時は至った

そして 「人類一人一人の心の中に神を見よ 自らの内に神を見よ」 と

すべての対立を超えた大調和の道を 五井先生は指し示されたのである

それこそがまさに 我即神也 人類即神也=@という 

永遠なる究極の真理の道なのであった


世界人類が平和でありますように






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人生の旅路……(真理を思い出す旅) アクエリアス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる