アクエリアス

アクセスカウンタ

zoom RSS 地球界の成り立ち(守護の神霊との交流)

<<   作成日時 : 2014/10/26 10:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

一番最初に大神様(宇宙神)があります

大神様は無限絶対です

摑みようもなければ 捉えようもない

絶対なる光 絶対なる智慧 絶対なる力が陰陽に分かれて

いろんな世界が分かれてきたのです

まず陰陽に分かれ その陰と陽も また陰陽に分かれて

そして交じり合う 光と光とが交叉して 陰陽を生んでゆく

地球界というのは まだ新しいのです

太陽系宇宙の中で一番始めに完成した世界が金星です


大神様が分かれた直霊 人間界に働く直霊というものが

一番初めに金星に働きかけ そして海霊とか 木霊とかいうものが

つまり鉱物を創る神とか 植物を創る神とかが やはり物質界の

ようなものを作った

そこへ直霊から分かれた分霊が入り 金星でいろいろ修行して

肉体を持っていても 神々のような立派な働きをしている人たちが

出来上がった分けです

そのように金星は先に生まれ いろいろ経験し 完成した世界を

創り上げた  それからいわゆる天孫降臨で 地球界に下ってきた

わけです

形の上で言えば 天降ったというのは本当のことなんですよ

本当は空間も時間もないんだけれど 空間的 時間的に考えれば

金星が出来 そこで神と同じような完全な人間が出来

そこから地球界に天降ってきたわけです

金星が苦労してそれだけになったように やはり地球界も

はじめは物質界ですから 物質というのはどういうものかというと

波動が粗いのです 狭い窮屈な 形が限定されたところへ

形の限定されていない いわゆる素早いスピードを持った霊が

魂魄として入ってくるわけです そうすると不自由ですよ……

金星では素晴らしい働きを持った霊魂たちが 地球界の肉体界に

降りてきた時には 働きにくい そこから業が出来たんです

業というのは スピードが落ちたことなんです……

人工衛星というのは 人間が神へ還元する一つの現われと言えるのです

何故かと言うと スピードが速いでしょう

人間というのは スピードを好みます……

ここまでスピードが増してきたのは 物質界を通してやはり元に戻ろうとする

意識の現われで そういう意識がスピード化させているわけなんです

もっと速くなるかもしれない  そうすると地球が小さなものになってしまう

今度は 宇宙のいわゆる金星とか火星とか 土星とか木星とか 

そういうほうに走ってゆくわけですよ だんだん空間が縮まってゆく

ということはスピードが速くなってゆく スピードが速くなってゆくというのは

本来の霊の姿がだんだん現われてきているということです


地球は退歩は一つもしていない どんどん進歩しているわけです

物質的に進歩しているわけです  物質的に神のみ心が現われ

つつあるんです ところが人間の精神面の働き 霊的な働きが

まだ低いために 物質的に現われた科学的な力を逆用して

今度は地球を滅ぼしてしまうような そういうところまで地球を

追いやってきたのです

始まりに金星から天降ってきて 物質界を築いてきて

今のように仕上げてきたわけですが その間に業想念もたくさん増えて

戦争を限りなく繰り返してきて 苦しみもあり 悪戦苦闘して

今 生老病死の中に包まれてしまっている

その中でトンネルを掘って 掘りつづけている最中で 向こう側に

明かりが見えてきて 早く明かりのあるところに行きたい

というのが今なんです もう少しでトンネルが掘り上がるところなんです

その掘り上がりの最後の仕掛けは 要するに霊的な力でなければ

掘り上がらないという そこまで来ている

神の世界から天降ってきて 物質の中に入り それが またグルリと

回転して 神の世界に戻る ということが地球世界の使命なのです


それを先に成し遂げたのが金星なんです  金星人というのは

守護神と見ていいですね  神々なんです……

神様本来のスピードというのは 時間がないですから

無限の速さなのです 無限の速さの光が入ってくれば

たちまちすべてが成就するわけです

本当に神様に全託して「神様 わが天命を完うせしめ給え」という時には

その人の天命はもうすでに出来上がっている時なんです

本当は 一度深く思えば 天命は完うされているわけなのです

金星というのは 全託が出来てしまって いつでも全託しているところから

始まっているのです……

出ている光の量を極限まで出すためにどうしたらいいか と言ったら

肉体の想いというものを すべて神様に投げ出さなければいけない

神様の中に全部 入れなければならない 入れると 天孫降臨の昔に

還るんです いわゆる金星から天降ってきた昔の人間に還ってゆくわけです

神人 いわゆる神々に還ってゆくわけです 

それを金星の長老などはさかんに教えています

神様の中に想いを入れる ということは 想いを超えるという事なのです

自分の想いを超えない限りは その人は立派にならない……

その想いを超える 消す方法が諸々の想いを持ったまま……

まっすぐ神様の中に入ってゆく 世界平和の祈りの中に入ってゆく

あるいは五井先生なら五井先生という中へ入ってしまうんです


運命というものは 自己の想念行為でつくるもので 

他の何人がつくるものでありません  ところが運命は自己がつくる

ものだということを 肉体人間の自分だけと思って行為しますと

相手を押しのけても 自己の利益を得ようというような 

さもしい 愛に外れた行いになってしまうのです

運命は自己の想念行為がつくつたのだ ということは どんな不運や

不幸や 嫌な環境が現われてきても それを人のせいにしたり

他を恨んだりするものではない ということなのです

たとえ 自分が善意でしてやったのに 相手が悪意でむくいてきた

場合でも それは自己の過去世からの業因縁が消えてゆく姿として

引き出されてきたのであって 今悪いことができたのではない

ということを知らねばなりません

運命の修正というものは こうした時に非常に大きくなされるのです


世界人類が平和でありますように

           

             (昭和33年 10月 白光 )


 宗教の根本……


お釈迦様は 老人を見て 人は年をとって体がきかなくなり

汚くなってゆく 老≠フ苦しみを感じた

病に冒されて苦しんでいる病人がいる  それらを見て

生老病死という苦しみを解脱するために どうしたらいいか

ということを考えて瞑想したわけです

そして 生老病死の四苦を解脱する路を悟って 

それが仏教になったわけです

どういうふうに悟ったかというと 

悟ったから環境がすぐ直る というんじゃないんです

お釈迦様の悟りというのは 悟ったといってすぐに病気が治り

貧乏が直せる すぐ地位が上がるというのではないんです

いかに病身であろうとも いかに貧乏な環境にあろうとも

いかに追い詰められた環境にあろうとも 地位が低かろうとも

心がそういうことに把われないで そういう外界の想念波動を

超越して 心がいつも豊かで明るく美しく生きられる方法を

悟られたわけです


心が本当に豊かになり 解脱して 美しくなり明るくなれば

貧乏でなくなってくるし 病気は治るでしょうし 地位も上がるでしょう

いろんなことが現象的にも効果が現われてくるのは必定んなんです

何故かというと 本当の世界から現われて来ているのですから……

本当の世界は完全円満なのですから すべてが調っている

ところがこの世では逆に現われている……

金持ちになりたい成りたいと一生懸命稼いでも 金持ちになれない

病気を治したい治したいと思っても 病気で苦しんでいる

仲良くしたいと思っても喧嘩している


ところが本当の世界は想う通りにならなければならないわけです

本当の世界は 大調和ということです  みんな仲良くする

自分の心が平和である あらゆるものに把われない

自由自在に動ける 創造力もあるというのが本当の世界ですから

その世界へゆくためには 肉体の五感六感の想念波動を超えて

いなければならない  という方法をお釈迦様は教えた

言葉でも教えられたし いわゆる統一して座禅観法して教えられたわけです

イエスもそうなんです 汝らの内なる神の国を観よ≠ニいった

自分の内にある 心の中にあるんだから 

それを観なければだめだというんです

常に心は謙虚であり「ああ神のみ心が私になさしめ給うのだ

神様がここにいて 私を生かしていて下さるのだ あとはみんな消えてゆく姿

悪いものは消えてゆく姿 神様は愛なのだから悪いことをなさることはない

もし悪いことが現われたら 自分の過去世における間違っていたものが

消えてゆく姿として現われてゆくんだ ああ有難うございます

一日も早く悪いものがみんな消えますように(守護霊・守護神への感謝) 

本心が開きますように 世界人類が平和でありますように」

そういうように常に常に祈るわけです

そうすると 自分は威張ることなく 自分の魂は向上してゆくわけです

それで心は豊かに明るく美しく生きられる ということになるんです



     昭和40年 10月 聖ヶ丘講話
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地球界の成り立ち(守護の神霊との交流) アクエリアス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる