アクエリアス

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間はひびきである

<<   作成日時 : 2014/08/24 12:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

人間は自分一人ぐらい何をしたとて 

世界人類と何のかかわりもない などと思っていることは

とんでもない間違いです

人間一人一人の想念行為が 今日程大事な時は

他の時代にはなかったのです

一人の人間の想念行為が 暗黒想念(自分勝手な欲望)であるか

光明波動(愛と真の心)であるかによって 世界人類の運命は

滅亡にも完全平和にもなり得るのであります


昔から言われる宗教の極意である 善にも悪にも把われず

今日このままをすべて素直に受けてゆこう 

今日このままの姿は 付け足すことも 滅するところもない

神のみ心そのままの世界なのだ という教えを更に一歩進んで

実在世界の完全円満な相(すがた)を 世界平和の祈り言を通して

一日も早く しかも 最少の苦悩の経験によって

この世に顕現せしめよう という 大救世主のみ心を

私たちはこの肉体を通して 多くの人々に宣布実践しているのであります


今日 世界平和の祈りが 日本において生れ出でたことこそ

神のみ心そのものでありまして この祈り心によって

世界人類の暗黒的業想念波動が次第に

光明波動に浄められてゆくのであります

世界中の想念を ひとまず 完全平和を願う祈り心に

結集してしまうことが何事にもまして大事なのです

世界中の人たちの誰一人として望んでいない地球の滅亡に

追いやるような事柄(現象)を防ぐことこそ 何国・何民族であろうとも

人間一人一人の大きな責任であるのです


人間は肉体身だという観念をいち早く 越えなければ

人類は必ず滅びてしまうからなのです

何故ならば 相対界に住んでいる限りは 争いはつきぬし

永遠の生命から離れた人間界は その想念の通り

限りある年限で終わってしまうからなのです

人間はどうしても 肉体身という限りある人間観でいてはならないのです

肉体人間観では 自己を滅ぼすと同時に地球人類をも永遠の生命から

切り離してしまうことになって 地球世界は滅亡してしまうのです


自己を救い 地球人類を救うもの それは 

人間観の転換による他はありません

有限の世界観から無限の世界観に 

肉体人間観から 永遠の生命の人間観に 

地球人類の心を向け変えなければいけないのです……


世界人類が平和でありますように……


私たちの世界平和の祈りは こうした大神様のみ心の下に

はじめられた祈りなのです

病気も不幸も災難も 自他の想念行為の誤りも

みんな 神のみ心を離れていた想いの消えてゆく姿として

改めて神のみ心に感謝しつつ 世界平和の祈りの大光明の中に

いれてしまうのです

そこに 自ずから新しい生命観が湧きあがり 知らぬ間に

肉体人間観を永遠の生命観に切り替えて 各自の本心が

自然と開発してゆき 日常生活がそのまま生き生きとしてくる

という 最も容易なる世界人類救済の道が開かれてゆくのであります


             
             五井先生 講話集 より 抜粋




現在の日本国は 単なる一小国の日本ではありません

地球人類に永遠の生命を輝やかせる為の 

大きな一つの役目を持った日本国なのであります

そうした真理を心身に感じた愛国心で事に当たらないと

日本を四分五裂にしてしまいます


人間は 神の分霊(わけみたま)であり 大生命の分生命であります

神はすなわち大生命であり 神の子人間すなわち分生命であります

宇宙に充ち充ちている生命の光が お互いに交流し合い和合し合って

神の大交響がこの地球界にも誤りなく演奏せられるのであります

七十年八十年で死んでしまうような肉体人間観では

この神のオーケストラの素晴らしい大光明に接することはできません

大神様は現在各守護神と分かれ そしてまた 救世の大光明として

一つの働きに結集され 地球人類に永遠の生命を輝かし出そうと

しておられるのです……


宇宙の運行というのはいったいどういうことかが……

きっと判らないと思います

それは自然に花が咲き 自然に実が成るような

そうした生命に対する従順さ ということなのです

今こそ 昔からの聖者たちの教えた 空の心境

無為の心境 み心のごとくなさしめ給えの全託の心境に

なり切らねばならないのです

なれぬもなれないも無いのです

是非共そうならなければ そうならないだけの痛手を

心身に受けねばならないのです

それは誰れがするのでもない 過去世からの自分たち自身の

神のみ心の軌道を外れた想念行為の分だけするのであります

神のみ心から分かれた生命体として種々な世界で生きつづけた

人間が 最後にはどうしても神のみ心と全く一つになり切って

生きることになる為なのでして 何人と言えどこの摂理の外に

あるものはないのです……

そこで生まれ出でたのが 神の慈愛の心として

消えてゆく姿で 世界平和の祈りという教えなのです

この教えは 守護の神霊方が 人類すべての苦悩を肩代わり

してあげたい というみ心でなされたもので この祈りをする

人々に対して 救済の大光明を放射して下さり その人及び

その人にまつわる縁ある人々や諸々の魂魄を浄化して下さるのです


今日からの地球世界の状態は 

古来からの聖者方の教え通りにしてゆかねば 

生存してゆけない状態になることが必然とされているのですが

なかなかそうした 空や無為や全託の状態にはなり切れない

そこで 消えてゆく姿という教え方が現れたのであります


今日は本当に生易しい時ではないのです

全く死か生かをはっきりきめねばならぬ時代なのです

ですから いいかげんな中途半端な信仰などは許されない時代なのです

許されないというのは 自分の本心が自分自身を赦さないということなのです


嫌でも応でも 人間が神の子の本体を現わさねばいられぬ時代が

今日からの時代なのです

これは試験をパスしなければ上級学校に進めない

ということと全く同じことでありまして 絶対絶命なことなのです

しかし神は愛でありますから 最後に救いのみ手を差し延べられているのです

それが 消えてゆく姿で世界平和の祈り という教えの道なのであります


世界人類が平和でありますように

我即神也 人類即神也












 











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間はひびきである アクエリアス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる