アクエリアス

アクセスカウンタ

zoom RSS 神人フィールドの働き

<<   作成日時 : 2014/07/20 07:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

人々を前にして

神人は特に何も語る必要はない

何も行為することもない

必要以上に声を大にして真理を説く必要もない

ただ そこに自然体に在るがままでよい

神人の在るところ その周りに聖なる「場」 を自ずと

ひびかせていればよい

神人フィールドを創造してゆけばよい


人は誰であれ

神人フィールドに入り込めば 即座に聖なる波動のひびきを受け

内なる意識に変化が生じてくるものだ

天命に生きるための崇高な意識を捨て去り 

偉大なビジョンを失いつつ

不安にざわめいていた心がピタッと止み

深い静けさに包まれる

激しい不安と動揺の念は聖なる波動に包まれ

自らの心は調和してゆくのである


神人の側にいるだけで

人々の心は安らぎへと導かれてゆく

神人がかもし出す聖なる波動により

人々の疲れ切った心身は癒され

雑念は消え光と化してゆく


そして人々は 神秘のエネルギーフィールドに取り囲まれ

果てしなく内なる彼方へと誘われ導かれてゆく

やがて奥なる何かが音を立てて崩れはじめる

神人のかもし出す大いなるものに圧倒され

今日までしっかりと固く握りしめたまま 決して離すことが出来なかった

固定観念が次々と取り払われてゆく

浄められてゆく 輝いてゆく


神人は世界人類救済のためのリーダーの中のリーダーだ

五井先生から選ばれし名誉あるリーダーなのだ

故に神人と人々が出会う時

神人の究極の真理と人々の固定観念が出会い

神人の神性意識と人々の物質意識が出会い

神人の完璧なる自由と人々の閉ざされた不自由が出会い

そこですべてが大いなる光に包まれ

神人と人々の間に立ちはだかっていた大きな壁は

全く一つに融け合い

世界平和を創造してゆく


神人の日々の神事は

かくも尊く深く神秘なものなのだ

怠るまい

休むまい

神示が成就するまでは


     (インフィニット・ワーズの詩) より 西園寺昌美  著 



     (1996年 7月) 白光 法話より


二十一世紀という新しい時代 神人は大いなる天命をもって

世界人類に貢献し 働きつづけてゆくのです

新しき輝かしき世紀を出現させるのは神人にかかっています

人類が神について考える時 

人類はその時すでに神となっているのです

神というひびきそのものが神そのものの存在なのです

多くの人たちが一斉に我即神也の印を組むことにより

全人類のマイナス想念の波動をプラスに変えることが出来るのです

地上はその瞬間 すべてプラス思考で充満します

全人類はその瞬間自分でもわからないうちに 自分が幸せになっています

平和に満たされています  調和している自分を再発見するのです

多くの人たちが一斉に組む印によって  その瞬間

人類すべての波動が変わります

その時人類は かって経験したことのない至福を経験します

しかしまた  もとのマイナス思考の波動に戻ってしまいますが

これを何回も何十回も何百回も繰り返すことによって

少しづつまんべんなく人類の波動を変えてゆくことができるのです

それこそ神人たちが毎日組みつづける印の効果の凄さと言えるのです

一人でも組めばその人のまわりの波動が

マイナスからプラスに変わってゆきます


神人の存在は実に大きい  神人は人類より必要とされています

少しでも早く真理に目覚めるよう 今日も神人は印を組むのです


世界人類が平和でありますように

我即神也 人類即神也              





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神人フィールドの働き アクエリアス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる